Illustrator9以降に配置画像に1200dpiで1bitのTIFF画像などを使用している場合のラスタライズ解像度について

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

このページではIllustrator9以降の書類設定の透明分割設定のラスタライズ解像度についての説明を掲載しています。


疑問

Illustrator9以降(IIllustrator9・Illustrator10・Illustrator CSなど)の透明分割設定の「ラスタライズ解像度」の値は「600ppi」を指定していますが、配置画像に1200dpiで1bitのTIFF画像などを使用している場合はどのように設定すれば良いのでしょうか?


回答

1200dpiで1bitのTIFF画像などの高解像度の画像を使用している場合は、その画像の解像度に合わせて「ラスタライズ解像度」を設定してください。(この場合は1200ppiに設定する)

「ラスタライズ解像度」はそこで使われている画像の最高解像度に合わせておけば、画像が分割保存されることで意図せずに低い解像度でラスタライズされるといった問題があまり発生しないと考えられます。


補足情報

llustrator10以降にはオプションのプラグイン「分割プレビューパレット」が付属しています。「分割プレビューパレット」で分割保存される箇所を確認できますので、こちらもご活用いただくとより適切な値を設定できると考えております。詳しくはIllustratorに付属の「分割プレビューパレットの使用」のドキュメントやIllustrator付属のドキュメントをお読みください。