Photoshop EPS保存の際にベクトルデータを含めないで保存してください

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

このページではPhotoshopデータのベクトルデータに関する注意点を掲載しております。

Photoshopのベクトルデータについて

Photoshop6以降では文字データやシェイプ(ベクトルレイヤー)を残したままEPS保存する事が可能になっています。

このEPSは再度開こうとするとラスタライズされてしまいますので、エラーなどがあった場合に当社で対処できません。文字データ・ベクトルデータは残らないように画像を統合した後に保存をお願いいたします。


保存時にベクトルデータを含めるにチェックを入れないで下さい。


ベクトルデータを残さないように画像を統合してください

ベクトルデータを含めないための設定は以下の通りです。

レイヤーパレットから「画像を統合」してください。

このページをシェア

カテゴリ

Photoshop Photoshopのバグ・不具合

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。(会社名・お名前は任意)

こんな記事も読まれています