Q

フレッシュプリントって何ですか?

A

長期で運用するカタログを、分けて印刷することで、これまでできなかった運用期間中での掲載内容の情報更新を行えるようにしたプリントサービスです

分けてカタログを作成するため、内容の更新はもちろん、保管スペースの軽減や、余剰要因でもある多めの発注がなくなり、販促面でも経費面でも最適なカタログ運用が期待できる仕組みです。

Q

なぜ、同じ単価で分けて印刷できるの?

A

ご注文時に、更新回数・納品時期・納品数量を予め設定することで、効率的な生産体制を行うことができます。

そのため、積算は分けて算出するのではなく、注文数全体から単価を導くため、分けても同単価にてご提供が可能となります

Q

発注方法は難しいですか?

A

フレッシュプリントのご注文については、これまで同様のカタログの仕様条件に加え、更新回数を何回にするかを追加するだけです

更新回数の設定については、現状ご利用されているカタログの使用状況を踏まえ、ご相談しながら行っていきます。

Q

期間はいつまで分けることができますか?

A

ご注文数量を分けて納品していきますが、基本的な期間としては1年間となります

2年間運用など複数年にわたるご利用も、ご相談をお受けしておりますのでご安心ください。

Q

そのつど注文をしているのと違いは?

A

運用期間内で使用する総部数での積算を行うため、そのつどご注文をいただくより、単価抑制効果があります

Q

導入の流れはどうなりますか?

A
ヒアリング
ステップ1 前年の状況などをヒアリング

まずは現状把握から。前年の印刷部数や使用量・廃棄量の他、内容更新のタイミングなど印刷物について調査します。

年間印刷計画のご提案
ステップ2 調査を元に「最小で最適な年間印刷計画」をご提案

年間に必要な印刷部数を算出し、お客様の情報更新時期に合わせた年間計画をご提案します。当社では少なめの発注をお勧めしています。

ご契約締結
ステップ3 ご賛同いただけましたら、ご契約締結

印刷仕様・分割回数・印刷時期など詳細を取決め、ご契約締結となります。

資材調達スケジューリング
ステップ4 年間計画に基づいて、資材調達スケジューリング

お客様に大口発注と同じ単価でご提供するにあたり、資材調達や印刷スタッフもスケジューリングを徹底しコスト管理していきます。

運用開始
ステップ5 

少な目に運用し、足りなくなった時には「不足時緊急補填サービス」により契約時単価で増刷できます。※本サービスは原稿の修正なしで1回のみ。

詳しくは吉田印刷所のカタログ担当窓口へ

カタログの仕様条件は、お客様ごとに異なります。

当社担当営業が貴社にとって最適な分割方法をご提案させていただきますので、現在ご使用されている、もしくはこれからカタログを作成する仕様条件をご提示くださいませ。

ご相談はこちらから!