せっかく費用と時間をかけたカタログが「文字や画像の間違いを修正をしたくてもできない」「掲載していた内容の仕様が大きく変更になり、使えなくなった」…。

そんなお話しをお聞きするにつれ、この問題を解決しなければ、これからもカタログ印刷は、お客様にとって不便で、活用しづらいサービスのままだという思いを強くしました。

この状況を踏まえ、吉田印刷所では、カタログ印刷にオンデマンドの考えを取り入れ、継続的に有効性をもたせることができる「フレッシュプリント」を作りました。

このフレッシュプリントは、必要な時に、必要分だけカタログを作る。その都度作成するのではなく、1つの注文を、使用する時期毎に分けて作ることで、印刷リスクを大幅に回避することができます。

それだけではなくコスト面・単価抑制をはじめ、在庫管理からお支払条件までも、総合的にカバーできる仕組みです。


まずは、現在作成されているカタログの仕様・運用期間・運用状況をお聞かせください。吉田印刷所にてフレッシュプリントでのコストシミュレーションを行い、最適なプランをご案内いたします。

フレッシュプリントの流れ

フレッシュプリントの流れ

フレッシュプリントの納品方法

フレッシュプリントの納品方法

例は更新回数を2回に設定した場合です

フレッシュプリントのお支払い

フレッシュプリントのお支払い

例は更新回数を2回に設定した場合です

ご注文について

主契約
法人の方のみ
運用期間
最低半年~最長2年
運用方法
再版・改版選択
分割回数
最低2回~運用状況に応じて
修正費用
ページ単位+台割
決済方法
納品毎の分割決済
不足時増刷
最低部数設定あり
途中解約
差額費用請求あり

このページの短縮URL