PAGE2004・ATOK辞書・ロゴ

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 吉田印刷所情報メール               http://www.ddc.co.jp/

                              2004/02/23

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 吉田印刷所情報メールは

 吉田印刷所の新しいサービスや情報を皆様にお伝えするものです。

 

※バックナンバーは以下のアドレスからご覧下さい

  https://www.ddc.co.jp/mail/

 

-【今回の内容】--------------------------------------------------------

>●【ご報告】PAGE2004に出展させていただきました

>●【ソフトウェア紹介】ATOKをパワーアップ「デザイン・印刷用語変換辞書'04」

>●【ページ紹介】大量のロゴのサンプルから発想を。「LogoYes」

>●【お知らせ】ホームページの更新をお知らせいたします

----------------------------------------------------------------------

吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

※以下の案内は全て吉田印刷所入稿扱いが基本になりますが、記載されている内容全てを保証するものではありません。

----------------------------------------------------------------------

>●【ご報告】PAGE2004に出展させていただきました

http://www.jagat.or.jp/page/

----------------------------------------------------------------------

 

 過日の2月4日~6日までサンシャインコンベンションセンターTOKYOにて行われましたPAGE2004に吉田印刷所特売プレスは出展させていただきました。

 

 当日はPDFの変換冊子や会社案内等を配布させていただきましたが、「PDF Day」というPDF関係のセミナーなどの影響もあり、ご来場の方多くに関心を持っていただくことができました。

 

 会場にはPDF変換の小冊子を準備したのですが、大変ご好評により2日目のお昼ごろには残り少なくなり、配布の制限をしなくてはならないほどの盛況ぶりで、「PDF」というものへの皆様の関心が高いことを肌で感じることができました。冊子に関しては「こういったちょっとしたものがなぜかないんですよね」「こんな簡単にPDFはできるのか」などといった感想を聞くことができ、お客様に喜んでいただけるものを提供できたのではないかと思っております。

 

 今後もお客様に様々な情報を提供していく予定です。今後も吉田印刷所特売プレスのホームページとメールマガジンをよろしくお願いいたします。

 

 また、特売プレスをご利用の方で、当日ブースに来ていただきました多くの方々のあたたかい声は今後の励みになります。誠にありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします。

 

 

▼PAGE2004(JAGAT)

 http://www.jagat.or.jp/page/

 

 

----------------------------------------------------------------------

>●【ソフトウェア紹介】ATOKをパワーアップ「デザイン・印刷用語変換辞書'04」

http://www.atok.com/option/dic1_014.html

----------------------------------------------------------------------

 

 パソコンで文字を入力しているときに、漢字変換で自分が思っている漢字がうまく出てきませんと、作業が滞ってしまいます。皆さんはどんなIME(IM)を使用していますか。

 IME(IM)にはMS-IME・ATOK・VJE・EG-Bridge・ことえり(~MacOS9)・ことえり(MacOS X)など様々なものがあるかと思いますが、JUSTSYSTEMのATOKに追加辞書として興味深いものが販売されていましたので紹介いたします。

 

 今回紹介するのは「デザイン・印刷用語変換辞書'04」です。以下はその辞書がないATOK(Windows版ATOK13)で変換したものです。何に変換したいかわかりますか?

 

 (1)ATA理系

 (2)下阪※

 (3)塚見本

 (4)八雲の

 ※「東京から大阪へ行くこと。」『大辞林 第二版』(三省堂)より

 

 実際には以下のように変換したかったのです。

 

 (1)アタリ罫

 (2)下版

 (3)束見本

 (4)約物

 

 意味は「図解DTP用語辞典」(アドレスは後述)のサイトをご覧頂くとして、DTP印刷業界では当たり前の用語が漢字変換されないので困ってしまいます。これをある程度解決するものとしては、JUSTSYSTEMの「デザイン・印刷用語変換辞書'04」はATOKの専用辞書(追加辞書)として使用する辞書があります。DTP印刷業界の用語について正しい漢字変換を行い、なおかつ簡単な用語解説も表示してくれる優れものです。

 

 販売はダウンロード販売のみになっています。価格は2,500円(税別)です。Mac版ATOK・Windows版ATOKに対応しています。

 DTP印刷業界の用語の入力に四苦八苦している方は購入をご検討されてはいかがでしょうか。

 

 

▼ATOK.com:デザイン・印刷用語変換辞書'04(JUSTSYSTEM)

 http://www.atok.com/option/dic1_014.html

 

▼図解DTP用語辞典(株式会社イーストウエストコーポレーション)

 http://www.japanlink.co.jp/dtpjiten/

 

 

----------------------------------------------------------------------

>●【ソフトウェア紹介】Adobe Photoshop CSの体験版がダウンロードできます

http://www.adobe.co.jp/products/tryadobe/main.html

----------------------------------------------------------------------

 AdobeからAcrobat 6.0 Professionalの30日間体験版がダウンロードできるというニュースは以前お伝えしましたが、今度はPhotoshop CS(いわゆるPhotoshop 7.0の後継/実質バージョン8.0)の30日間体験版がAdobeのサイトよりダウンロードできるようになりました。

 

 このPhotoshop CSの30日間体験版はAcrobat6.0の体験版とは違い、Windows版とMac版(MacOS X)がきちんと揃えられています。Windows版は154MB、Mac版は253MBとかなり大きなサイズになっていますが、Photoshop CSで新しくサポートされた機能や操作感を確かめたい方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

 

 なお、Photoshop CSはWindows2000/XP・MacOS 10.2.4以降の環境が必要ですのでご注意ください。

 

 

▼Adobe Product Tryouts(体験版ダウンロード)

 http://www.adobe.co.jp/products/tryadobe/main.html

 

▼Adobe Photoshop(製品紹介)

 http://www.adobe.co.jp/products/photoshop/main.html

#「シャドウ・ハイライト」補正機能はトーンカーブなどがよくわからなくても露出が簡単に修正できました。これはなかなかお手軽で便利な機能ですね。

 

 

----------------------------------------------------------------------

>●【ページ紹介】大量のロゴのサンプルから発想を。「LogoYes」

http://www.logoyes.com/

----------------------------------------------------------------------

 ロゴのデザインというものはなかなか難しいもので、そのサービスや商品のイメージを彷彿とさせるものを要求されることが多いかと思います。そうかといってなかなかそのような抽象的なものはそう簡単に浮かばないものです。

 

 今回紹介する「LogoYes」はロゴのサンプルが豊富にあり、ロゴデザインの参考になるかもしれません。

 

 「LogoYes」で作成された豊富なロゴを覗いてみたい場合には「SAMPLE LOGOS」と「Image Calculator」があります。

 「SAMPLE LOGOS」は各業種を選択することで、その業種に合わせたロゴが次々に表示されるというものです。32種類の業種が選択でき、それぞれに複数のロゴが用意されています。かなりの数のロゴがありますので、イメージが刺激されるのではないでしょうか。

 「Image Calculator」は質問に次々に答えていくことで、要望に適したロゴを提示してくれるというものです。本文は英語ですが、そんなに難しいことを聞いているわけではないので試してみてください。

 

 「LogoYes」のロゴは基本的に単色のロゴで、いかにも「海外のロゴ」というものが多いのですが、ロゴイメージ発想の参考にはなるのではないでしょうか。

 

 

▼LogoYes

 http://www.logoyes.com/

 

 

----------------------------------------------------------------------

>●【お知らせ】ホームページの更新をお知らせいたします

http://www.ddc.co.jp/yoshida/whatsnew.html

----------------------------------------------------------------------

 

 吉田印刷所のホームページは日々更新されております。最近のホームページ更新の内容を簡単ではありますが紹介いたします。データ入稿を行う前に是非ご一読下さいますようお願いします。

 

 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

 

QuarkXPressからPDFを作成しようとするとリューミンが埋め込めないというエラーが発生する場合についての対応策を掲載しまた。PostScriptファイルの書き出しをAdobe PSなどで行うと左上のトンボの位置のドキュメント情報のフォントにリューミンが使われ、Acrobat DistillerPDF変換する際に問題になることがあったためです。なお、リューミンのNewCIDフォントがあれば問題はありません。

 

 http://www.ddc.co.jp/yoshida/pdf/html/1066.html

 

 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

 

▼透明効果とパターンを使用しているとパターンが正常に出力されない/プリントアウトが正常に行われないことがあるため、その回避策の例を掲載しました。経験上Illustratorはパターンの出力・加工に弱いようです。原点位置によってもパターンはずれてしまいますので、分割してパターンの柄を確定してしまった方が手間はかかりますが結果としてエラーの少ないデータになるようです。

 

 http://www.ddc.co.jp/yoshida/dtp/illustrator/html/2025.html

 

 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

 

▼「なぜPDFなのか?」PDF形式にしたときのメリットについての解説ページを掲載しました。詳しくはページをご覧頂くとして、PDFは送り手と受け手で双方にメリットがある形なのです。OSやソフトウェアが関係なくなるということは、新しいソフトウェアでもPDF形式ならOK、ということ です。MacOS XやWindows XP上で動作するIllustrator CSであってもです。特売プレスではPDF入稿には価格メリットを設けているサイズがありますのでPDF入稿を試してみてはいかがでしょうか?

 http://www.ddc.co.jp/yoshida/PDF/html/1062.html

 

 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

 

PDF入稿・変換関係のコンテンツをまとめたページが完成しました。ページが少し多いので調べたいものがある場合は、索引のページで検索をしてみると良いかもしれません。もしくはGoogleの吉田印刷所特売プレスのホームページを検索の機能を使用してみてください。

 

 http://www.ddc.co.jp/yoshida/pdf/index.html

 

吉田印刷所特売プレスを検索)

 http://www.ddc.co.jp/yoshida/head_serch2.html

 

 

----------------------------------------------------------------------

 

 ここまでお読みいただき誠にありがとうございます。

 

吉田印刷所特売プレスに関するご連絡・お問合せ先】

◇ご意見◇ < info@ddc.co.jp >

 

◇お見積もり◇

  http://www.ddc.co.jp/guide/inquiry/index.html

◇資料請求・ご質問◇

  http://www.ddc.co.jp/guide/inquiry/index.html

◇バックナンバー・購読の中止◇

  https://www.ddc.co.jp/mail/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:吉田印刷所 市場開拓部   TEL 0250-43-6144 FAX 0250-43-2918

                 〒959-1835 新潟県五泉市今泉902-1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このページをシェア

カテゴリ

メールマガジン全文

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。(会社名・お名前は任意)

こんな記事も読まれています