カラーの指定がC100M100Y100K100の400%(総ベタ)

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

●■ 吉田印刷所情報メール           http://www.ddc.co.jp/

■                            2002/06/21┃

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 吉田印刷所情報メールは吉田印刷所の新しいサービスや情報を皆様にお伝えするものです。

 

 メールの配信の解除はまぐまぐ(http://www.mag2.com/)より行ってください。

(詳しくはメールの最後をご覧下さい)

 

-【今回の内容】--------------------------------------------------------

>●【キャンペーン】「特売チラシ」キャンペーンが始まります

>●【トラブル】カラーの指定がC100M100Y100K100の400%(総ベタ

>●【お知らせ】PDFデータのアンケート(再掲載)

----------------------------------------------------------------------

吉田印刷所メールマガジン ご登録はこちら

※以下の案内は全て吉田印刷所入稿扱いが基本になります。

---------------------------------------------------------------------

>●【キャンペーン】「特売チラシ」キャンペーンが始まります

---------------------------------------------------------------------

 

 前回ご好評頂いた「特売チラシ」キャンペーンを今年も開催いたします。6月25日より受付を開始いたします。今回の期間は8月30日までの期間限定となっております。

 「特売チラシ」をご存じでない方に説明いたしますと、簡単に言えば「特売プレス」のチラシ版です。枚数をチラシ向けに通常の特売プレスより多く設定し、用紙も通常をコート四六110k(コート菊76.5k)ではなく、よりチラシ向けに薄いコート四六68k(コート菊47k)を選択いたしました。

 

 是非とも「特売チラシ」をご利用いただきたく思います。

 

◆仕様

 サイズ :A4/B4

 カラー :片面プロセスカラー4C/両面プロセスカラー4C

 刷版生成:CTP

 印刷方法:オフセット印刷

 印刷枚数:10,000枚~100,000枚

 用紙  :コート四六68kベース使用(コート菊47k)

 支払方法:現金決済(ヤマトコレクトサービス)

 特記事項:特色印刷は受け付けておりません

      情報マガジン「コラボ(collabo)」の「特割」は使用できません

 

 詳細は当社ホームページ「特売プレス」をご覧下さい。

 ・専用発注書を用意しております。

 

※スケジュール・金額・その他お問い合わせは吉田印刷所特売チラシ係まで

 電 話:0250-43-6144 FAX:0250-43-2918

 

※なお、DTP WORLDの7月号(6月発売)の第1特集は「チラシ作りのコツ 売れるデザインとスピードアップ術」です。ご参考まで。

 

 

---------------------------------------------------------------------

>●【トラブル】カラーの指定がC100M100Y100K100の400%(総ベタ

---------------------------------------------------------------------

 

 今回ご紹介するトラブルは、指定されているカラーが「C100M100Y100K100」(総ベタ)になっているといったものです。(C=100%:M=100%:Y=100%:K=100%)

 

 QuarkXPressIllustratorPhotoshopなどでカラーを指定する時に、画面上ではK100とC100M100Y100K100は変わりませんが、実際の印刷では大きく結果が異なります。

 このC100M100Y100K100のカラーはいわゆる総ベタといわれるもので、プリンタなどではほとんど問題はありませんが、印刷機で印刷する場合、次のような問題が発生する可能性があります。

 

1【インキのトラッピングの可能性】

 先に印刷したインキの上に次のインキを重ねる時、先に印刷したインキの量が多すぎるために、次のインキを乗せる時に前のインキが乾かずにインキの着色が正しく 行われないという問題が起こる可能性があります。

 

2【裏映りの可能性】

 下の画像をまずご覧下さい。

 http://www.ddc.co.jp/yoshida/words/images/SM102-02.jpg

 これは当社のハイデルベルグ社製両面8色機SM102-8Pですが、印刷の用紙は右側の奥から左側の手前へと進んで行きます。この左側手前の部分に印刷された用紙 が次々と重なっていくのですが、CMYKのインキ合計量が300%~総ベタなどインキの多い部分がある場合、インキが乾かずに、紙が重なる所で印刷物の乾いていないインキが付き、印刷物が汚れてしまう可能性があります。

 

3【白抜き文字が潰れる可能性】

 C100M100Y100K100などの総ベタに近いカラーの上に白抜き文字を配置した場合に網角度や微妙な刷版ズレなどによって白抜き部分にカラーが入ってしまい、文字が読めなくなる可能性があります。特に明朝系の白抜き文字などでは注意が必要です。

 

 

 これらの問題が起こらないよう、吉田印刷所ではインキの総量を270%程度に抑えていただくようお願いをしております。QuarkXPressIllustratorPhotoshopのカラー指定でC100M100Y100K100の400%や400%に近い値のカラーがないよう入稿前のチェックをよろしくお願いいたします。

 

 なお、当社が推奨しておりますリッチブラック(注)はC50M40Y40K100です。

(注)リッチブラックとは、K100(スミ100%)だけではなく、他の色を混ぜて作成した黒色のことです。K100に他の色を重ねた場合(リッチブラック)の印刷サンプルはDTP WORLDの7月号の特別付録「製版・色・出力・プリプレス・印刷に関する用語集」の15ページにございます。

 

 

---------------------------------------------------------------------

>●【お知らせ】PDFデータのアンケート(再掲載)

---------------------------------------------------------------------

 

 吉田印刷所ではPDF入稿を行っております。

 このPDF入稿を行っていくにあたって、どのようなソフトウェアにて印刷PDFを作成しているかのアンケートを採りたいと考えております。この情報メールを御覧になられている皆様はどのようにして印刷PDFを作成しているかをお知らせ下さい。今後のPDF入稿の参考資料とさせていただきます。

 

Q:PDF入稿をする場合にどのようなソフトウェアでPDFを作成しますか?

 

A:回答例(OSとソフトウェアのバージョンもお知らせ下さい)

 ・Illustrator8から直接作成(MacOS8.1)

 ・Illustrator9から直接作成(MacOS9.2)

 ・Illustrator10から直接作成(Windows2000)

 ・InDesign2.0から直接作成(WindowsXP HomeEdition)

 ・FreeHand各バージョンから直接作成(WindowsMe)

 ・CorelDRAW各バージョンから直接作成(Windows98)

 ・EPSAcrobat Distiller5を使用して作成(MacOS8.1)

 ・MacOSXの印刷プレビューのPDF(MacOSX)

 …

 ・□□ver○○から直接作成

 

 など

 

 返信方法はこのメールを返信していただければ結構です。

 

 また、印刷PDFを作成する上で何か疑問点などございましたらご質問下さい。

 

 

(注)直接作成したPDFとは、一旦EPSで保存してAcrobat DistillerPDF化したPDFではなく、「別名で保存する」「データ書きだし」「エクスポート」などの機能でアプリケーションから直接書き出したPDFのことを指します。

 

(追伸)

 6月発売のProfessinal DTP誌7月号では印刷用のPDFについての説明のページがございます。是非ご参考になさってください。

 

→「プロフェッショナルDTP.com」

  http://www.p-dtp.com/

 

 

---------------------------------------------------------------------

 

 ここまでお読みいただき誠にありがとうございます。

 

 ご質問・お見積もり依頼: info@ddc.co.jp

 購読停止依頼     : http://www.mag2.com/m/0000087876.htm

 バックナンバー    : https://www.ddc.co.jp/mail/

 

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行し

ています

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■  吉田印刷所 DDC事業部    TEL 0250-43-6144 FAX 0250-43-2918┃

●■                 〒959-1835 新潟県五泉市今泉902-1┃

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

このページをシェア

カテゴリ

メールマガジン全文

吉田印刷所メールマガジン登録はこちら

吉田印刷所の新しい情報やDTP情報などをメールにて無料でお送りします。メールアドレスだけで簡単に登録できます。(会社名・お名前は任意)

こんな記事も読まれています