文字の潰れについて(太字・線幅の設定)

このページでは文字の潰れについて掲載しています。

ソフトウェアの設定によっては文章や文字が読みづらくなる場合があるので、注意しましょう。

ワードやエクセルの太字機能での注意点

マイクロソフトのワード・エクセル・パワーポイントなどでは文字を太字(ボールド)にする機能があります。

ワード2007の太字機能

 

本文中の文字や見出しなどを太く強調させたい場合に簡単に文字を太く強調することができる便利な機能ですが、使い方を間違えると文字が読みにくくなってしまいます。

この太字(ボールド)の機能は、PDF変換する際や印刷する際に、文字を少しずつずらし重ね合わせて擬似的に太く見せかけて出力・印刷するため、フォントサイズが小さい場合や、もともと文字が太めのフォントに太字の機能を適用させると、文字の白場がなくなってしまう「文字潰れ」が発生いたします。

 

ワードの太字の例

▲クリックすると拡大します

 

 

文字を強調したい場合はボールドを使用せずに太めのフォントを使用するか、フォントサイズを大きくするなどの対応をおすすめします。

  • 太めのフォントに変更する例
    • MSゴシック → HGゴシックE・HG創英角ゴシックUB
    • MS明朝 → HG明朝B・HG明朝E
      太いフォントに変える
      ▲クリックで拡大されます

 

Illustratorなどでの注意点

また、アプリケーションソフトによっては(IllustratorやInDesignなど)文字に線幅が指定できるものもありますが、線幅を太くしすぎるとワードなどと同じように文字が潰れてしまい、文字が読みにくくなってしまいますのでご注意ください。

 

Illustratorで線の設定をしたものIllustratorのパレット

▲Illustratorの例。クリックすると拡大します。

 

このページの内容が良かったと思った方はぜひ他の方にオススメして下さい!
お使いのサービスのアイコンをクリックすると簡単にこのページのリンクをシェアできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加